カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取品目一覧-カメラ高く売れるドットコム » 中判カメラ 買取査定
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

愛車を最高値で売るには? バイクを高く売ろう! 不動産を高く売却しよう!

中判カメラ 買取査定

中判カメラ 買取査定

中判カメラ 高価買取

カメラ高く売れるドットコムでは、中判カメラを高価買取中いたします。新品・中古を問わず、またメーカーやブランドも問わずに、中判カメラならなんでも買取り対応しています。
中判カメラ本体のみだけでなく、専用レンズや三脚、フラッシュやホルダーなど、中判カメラに関する商品をまとめてお買取もしています。お引越しや遺品整理、閉店在庫処分など、中判カメラの処分にお困りなら、ぜひ当店をご利用ください。

箱に詰めて送るだけの宅配買取、大量のご依頼に無料でお伺いする出張買取、即時買取現金化の店頭買取、3つの便利な買取方法をご用意していますので、お客様のご都合でお選びください。当店の買取専門バイヤーが親切丁寧に買取対応いたします。
まずは、電話もしくはWEBお問い合わせフォームから申し込みください。すぐに無料査定いたします。

買取価格を調べる

中判カメラを高く売るポイント

綺麗な写真を撮影することができるとファンも多い中判カメラですが、外観の美しさやクラシック的な要素に惹かれてファンになってしまう方も少なくありません。デジカメの普及により市場規模は縮小傾向にありますが、ここでは中判カメラの概要や買取店で高く買取って貰うためのポイントについていくつかご紹介します。 【中判カメラの概要】
中判カメラは120フィルムや220フィルムなどを使用して撮影を行うカメラの総称で、現在一般的に流通しているカメラと比べるとサイズ的にも大きく重量があることが一つの特徴として挙げられます。
引き伸ばし倍率を低くすることができるため高画質の写真を撮影することができるというメリットがあるほか、ロールフィルムの使用が可能という利点もあるためデジカメ全盛の現在においても多くのファンから支持されており、熱狂的なファンも存在します。

【コダック社ブローニー】
コダックが製造販売していたブローニー写真機は、そのクラシック的要素を兼ね備えた外観が現在でも高い人気を博しており、中古市場では時に驚くほどの高値で取引されていることもあります。
様々なモデルがリリースされ、116フィルムを使用するモデルから122フィルム、127フィルム、620フィルムを使用するカメラまで販売されていました。No.2Aフォールディングオートグラフィックブローニーなどは歴史的価値も高いです。

【ペンタックス67Ⅱ】
こちらはリコーから販売されていたモデルで、現在は生産中止となっています。プロユースの中判一眼レフとして高い人気を博し、多くのカメラファンを魅了してきたカメラでもあります。 被写体の細かいディティールや質感まで鮮明に撮影することができるとカメラファンやマニアから絶大な支持を受けていた機種で、現在でも中古市場では高値で取引される傾向にあります。高値で買取ってくれるお店もありますから、早めに査定を受けてみては如何でしょう。

【外観の綺麗さは大切】
カメラは機能性も非常に重要ですが、見た目の美しさも大きな査定ポイントとなります。特に古いモデルの中判カメラとなれば外観が美しいだけで高値がつくこともありますから、できるだけ綺麗な状態で査定を受けることをお勧めします。 また、中判カメラを売る際には必ず専門店に持ち込むことをお勧めします。専門店でないと中判カメラ本来の価値は判断できませんし、高値で売りたいのなら買取専門店や専門家のいるカメラショップに持ち込むとよいでしょう。

カメラ高く売れるドットコムでは、当サービスご利用累計人数が60万人を突破しました。
毎月2万点以上査定している買取専門スタッフによりお電話またはウェブからのお申込みで適正な査定価格をお伝えしています。

買取価格を調べる

中判カメラの高価買取メーカー一覧

高価買取中の中判カメラメーカーのご紹介です。新品・中古品問わず、高価買取しています。

※上記以外のメーカーやブランドも買取対応しております。お気軽にご相談ください。

中判カメラの根強い支持

中判カメラとは、120フィルムや220フィルム(ブローニーフィルム)を使用するカメラの総称で、日本においてのみ、ブローニーカメラやブローニー判カメラとも呼ばれています。大判カメラ程の高解像度が必要ない場合(スタジオ撮影、風景写真、接写の資料複製など)や、山岳写真のように大判カメラが不便な場所での撮影において、35ミリよりも高画質が必要な場合で幅広く使われています。重くて使いづらいイメージが根強く、アマチュア写真家からは敬遠されてきましたが、最近ではオートフォーカスや自動露出機能などの自動化が進み、撮影が簡単になったり、軽量な製品も出てきていたりするため、再び人気が出てきました。
やはりデジカメの普及で、中判カメラ市場は縮小傾向にありますが、ロールフィルムを使えることによる気軽さや携行性・取り回しの良さ、なによりも135フィルムカメラよりも引き伸ばし倍率が小さくて済む高画質が、デジタルカメラに対して競争力を持ち、根強い支持を持ち続けているようです。

フィルムについて

現在のカメラはデジタルカメラが主流になっていますが、フィルム式カメラの人気も在ります。
フィルムはレンズから入る光を利用して焼き付けると言った仕組みになるもので、一般的には35ミリのフィルムが主流で、フィルム幅が35ミリになる事からも、35ミリフィルムと言われています。

また、フィルムは現像を行う事でネガ若しくはポジになります。
ネガと言うのは画像が反転した形で焼き付けられるもの、ポジはそのままの状態で焼き付けられるもので、スライドなどで利用する時にはポジフィルムを使用する事が多く、専用のポジフィルムも販売されています。

尚、35ミリの幅に被写体を焼き付け、紙焼きを行う事で大きく引き伸ばすことは可能です。
しかし、フィルムの特性によりA1サイズやA0サイズに引き伸ばす必要が在るポスターなどの場合は、35ミリではなく、6×6や6×4.5と言った中判フィルムを利用して撮影を行うケースが多く、大きなフィルムを使う事で大きく引き伸ばしても画質を維持することが出来ます。

6×6などのフィルムを利用する時には、カメラサイズも中判フィルム専用のものが必要になりますが、高く売れるドットコムではこうした大きなフィルムを使用することが出来るカメラ、交換レンズなどの買取りも得意としています。

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

カメラ人気買取カテゴリ


買取価格を調べる