カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取対象品目一覧 » ヤシカ 買取査定
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 仙台リユースセンター 埼玉リユースセンター 西東京リユースセンター 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

愛車を最高値で売るには? バイクを高く売ろう! 不動産を高く売却しよう!

ヤシカ 買取査定

ヤシカ 買取査定

ヤシカ製カメラ 高価買取中

ヤシカのカメラを売却しようかな?と思ったらカメラ高く売れるドットコム。当買取サービスでは、電話一本で今いくらで買取できるか査定してその場で概算の買取価格を提示いたします。査定結果に納得していただくと宅配買取や店頭買取などお客様に合わせて買取方法をご案内いたします。まずは下記より査定のお申込みを!

買取価格を調べる
0120-945-991

全国どこからでも、買取対応しておりますので、ヤシカ製カメラをお持ちのお客様。ご不要なものがございましたら、買取サービスをご利用ください。

買取対象品

買取対象のヤシカ製カメラなら何でもお任せください。
下記は一例になりますので、それ以外の水中ハウジングをお持ちのお客様もお気軽にご相談ください。

  • MF一眼レフ
  • MF一眼レンズ

ヤシカのカメラについて

ヤシカというのは、1949年の12月に長野県において創業された会社です。創業当時は、8人の従業員による電気時計メーカーの八洲精機株式会社という名でしたが、それ以降は写真用品の販売を行っていたエンド-写真用品株式会社よりカメラの生産を受託し、1953年6月には株式会社富岡光学機械製作所が提供するレンズを使った二眼レフを発売しています。また、この年には、八洲光学精機株式会社へと社名を変更し、ピジョンフレックスとヤシカフレックスBを発売し、昭和30年代では国内での販売や輸出と合わせてカメラ販売の首位となっていました。
1958年には株式会社ヤシカに社名を改称し、1966年には世界でも初となる35ミリの電子シャッターEEカメラであるヤシカエレクトロ35の発売をスタートさせ、1975年に発売された最終モデルに至るまで、世界でも累計でおよそ500万台が販売されたことが注目に値します。1983年には京セラによって吸収合併が行われています。それ以降は、京セラにより国外向けのカメラ製品ブランドということで、Yashicaを使い続けることになりますが、光学事業から撤退する際に商標権が売却されています。日本国内においては2009年、香港を基盤とする会社によってライセンス供与が行われると、デジタルカメラなどの製品を主体とするブランドとして使われ続けることになりますが、現在においては日本からは撤退されています。

アンティークカメラ、大切なコレクションを高価買取いたします

ヤシカブランドのカメラの中は、年代物とも言える八洲精機時代や1953年から1958年にかけての八洲光学精機時代、そして京セラに吸収合併された1983年以降の3つに分ける事が出来ます。
一般的にフィルム式カメラと言うと一眼レフの35ミリカメラをイメージされる人も多いかと思われますが、このブランドの中にはフレックスシリーズと呼ばれている120フィルムを使用したカメラも在ります。
また、カメラは一眼レフだけではなく二眼レフと呼ばれている特殊なカメラも在ります。
二眼レフは被写体を見る時に利用するファインダーレンズが撮影用レンズと上下に重なっているもので、撮影をする時はカメラの真上から覗き込むようにして行うのが特徴です。
普通のカメラの場合は、被写体に向かってファインダーを覗き込む事になりますが、二眼レフカメラはその構造の違いから覗き込み方が異なります。
また、ヤシカのフレックスシリーズは6×6センチのフィルムを使っている二眼レフカメラで在り、現在は製造が行われていないため、現存しているもののみと言った具合に、希少性持つのが特徴です。
家の中を片付けていたら、祖父が大切にしていたヤシカの二眼レフカメラが見つかったと言うケースも在るかと思われますが、カメラはシャッターを定期的に押してあげる、そして機構部を動かしてあげる事で撮影を行う事が出来る精密機器です。
そのままにしておけば希少性の在るカメラも廃棄しなければならなくなることも在るため、当店の買取り査定を利用する事で売る事も可能です。

 

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

カメラ人気買取カテゴリ


買取価格を調べる
0120-945-991