カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取対象品目一覧 » ビデオカメラの高価買取|査定無料
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
買取強化中
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

ビデオカメラの高価買取|査定無料

ビデオカメラの高価買取|査定無料
買取価格を調べる
0120-945-991

ビデオカメラの買取実績について

買取価格を調べる
0120-945-991

人気なビデオカメラシリーズ、買取強化中!

カメラ高く売れるドットコムでは様々なメーカーのビデオカメラの売却をお待ちしています。

ソニー、JVC、パナソニックの3大定番メーカー製品は特に高価買取!

新製品への買い替え資金作りや使わなくなったモノの整理などで買取サービスを上手に活用しませんか?売ろうと思ったその時が売り時です。

JVCケンウッドのEverioシリーズ

デジタルカメラ初心者の方にお勧めのデジタルビデオカメラとしてバランスが良いのがEverioです。

コンパクトなボディに軽量でありながら、長時間撮影可能なバッテリーと様々なシーンに対応できるスペックのバランスの良さに定評があります。

特に女性や機械操作が苦手な方にも操作性が良くわかりやすいのです。

特にEverioが特化しているのが、光学ダイナミックズームです。

この光学ズームの倍率が高いと撮影画像に動きが生まれ、遠くにいる子供の自然な表情もとらえることができるのです。

このEverioが得意とする光学ダイナミックズームですが、ただズーム倍率が高いだけでは、手持ち撮影での手ブレがひどくなってしまい、デジタルカメラの動画としては視聴する際に画面酔いをしてしまうこともありますが、Everioではズーム倍率が高いと同時に手ブレ補修機能がハイスペックなため、画像酔いの心配もありませんし、撮影に不慣れな方でも安心です。

デジタルカメラを選ぶポイントとして大きな条件とするズーム倍率の高さ、手ブレ補修機能の高さ、そして操作性の良さをしっかり押さえているので、他のデジタルカメラよりも扱いやすさを実感できるはずです。

ソニーの鉄板ビデオカメラ「ハンディカム」

ニックのビデオカメラハンディカムは、ソニーが製造・販売している民生用カムコーダーのブランドで、同社の登録商標です。

ハンディカムの撮影用メディアは8ミリビデオ方式に始まり、Hi8方式、DV方式、Digital8方式、MICRO MV方式、DVD方式、内臓HDD方式、メモリ方式など、メディア媒体を変更しながら発売しています。

映像フォーマット・コーデックはDV以降、MPEG1/MPEG2によるSD、ハイビジョン方式での記録に対応したHDV方式とAVCHD方式の3種類が有ります。

他社がカムコーダーのブランド名を入れ替える中、「ハンディカム(Handycam)」のブランド名は一貫して使い続けられています。なお、デジタルカメラは「デジタルマビカ」「サイバーショット」「α」という別系統で製品開発をしています。1996年5月にソニー初となるデジタルカメラ「サイバーショットDSC-F1」を発売、同社のデジタルカメラには、サイバーショット以外にもデジタルマビカなどの製品がありましたが、現在では、デジタルカメラはサイバーショットのブランドで統一されています。ハンディカムの第1号機は1985年に発売された8ミリビデオの録画専用機「CCD-M8」でした。

パナソニックのビデオカメラ

毎年カメラの各ジャンルごとのメーカーシェアが発表されますが、ビデオカメラ部門のメーカーシェアは2005年から2015年の10年ものあいだSONYがトップシェア43%(2015年度)を誇り不動の地位を築いていました。

しかし、2016年についにパナソニックがその牙城を崩し37.8%ものシェアを獲得。(SONYは36.7%)見事メーカーシェア1位に輝きました。2015年度はシェア30.3%から約7ポイントも押し上げています。

パナソニックのビデオカメラの特徴としては「普通に使えて持ち運びが楽」、「突出した高画質などはいらない」といったシンプルだけど誰でも使いやすい製品づくりを目指し、子供がいる夫婦などに受けシェアを伸ばしました。

このタイミングで新しいパナソニック製品のビデオカメラへ買い替えを検討していませんか?今まで使っていたカメラ、捨てててしまわず「売ってみる」のはいかがでしょうか?

その他にも下記ジャンルのビデオカメラも高価買取しています。

ビデオカメラを高く売るポイント

動画を撮影するためのビデオカメラにも様々な製品が存在し、シーンによって使い分けられています。大きく分けると放送用や業務用、民生用、固定型などが挙げられますが、現在では様々なメーカーが独自の機能を備えた商品を数多くリリースしています。ここでは、ビデオカメラの概要や高く売るポイントについてご紹介します。

ビデオカメラについて


動画を撮影するための機器を一般的にビデオカメラと呼びます。ビデオカメラは用途に応じて様々な形態の品が存在し、撮影部分が独立したカメラヘッドや撮影部分と録画部分が一つになった一体型、カムコーダなどがあります。 時代が進むと共に録画方式も変化を見せ、現在ではDVDやHDD、フラッシュメモリに動画を記録することができる製品も存在しますし、メモリカードやハードディスクパックを採用する製品も増加しつつあります。

【ソニーHDR-CX535】


ビデオカメラ撮影時には手振れによる画像の揺れなどが問題となりますが、こちらの製品は空間光学手ブレ補正という最新技術を採用したビデオカメラとなっており、動画撮影初心者でも綺麗な動画を撮影できると高い人気を誇っています。 全画素超解像ズームと呼ばれる60倍光学ズーム機能を搭載したことによりアップにしても画質を高く保つことができるのも人気の秘密で、中古市場でも比較的高値で取引されています。

【パナソニックHC-V550M】


パナソニックが世に送り出したこちらの製品は、光学50倍、iA90倍ズームという高倍率を誇る品で遠くにいる被写体も綺麗に撮影することが可能となります。 また、パナソニックが誇る超解像技術によって光学領域を超えた場合にもハイビジョン画質で記録することができ、広角28ミリレンズ搭載によって近距離からも広範囲にわたって綺麗に撮影することができます。ファミリー層から動画撮影が趣味という方にまで幅広く支持されており、買取店での査定も高くなりがちです。

【売却時には専門店がお勧め】


できるだけ高額で売却したいと考えるのなら、間違ってもリサイクルショップや個人売買は止めた方が良いでしょう。 リサイクルショップはカメラへの知識も少ないアルバイトが査定をすることもありますし、個人売買では金銭のトラブルなどが起こりかねません。正しく製品の価値を理解して貰い、少しでも高い査定額を提示して貰いたいのなら専門的な知識を持つスタッフがいる買取専門店などがお勧めです。

買取価格を調べる
0120-945-991

その他ビデオカメラの買取相場について

積極買取中の商品はこちら


買取価格を調べる
0120-945-991

カメラ人気買取カテゴリ