カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取対象品目一覧 » 一眼レフ
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
買取強化中
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

一眼レフカメラ買取強化中!

一眼レフカメラ買取強化中!
買取価格を調べる
0120-945-991

メーカー別!一眼レフの買取機種一覧

フィルム一眼レフカメラの買取価格

フィルムカメラの買取価格を詳しく見る

デジタル一眼レフカメラの買取価格

デジタルカメラの買取価格を詳しく見る

ミラーレス一眼レフカメラの買取価格

ミラーレスカメラの買取価格を詳しく見る

買取強化中一眼レフカメラ(一例)

キヤノン

  • EOS Kiss X7 ダブルズームキット
  • EOS 7D Mark II ボディ
  • EOS 8000D EF-S18-135 IS STM レンズキット
  • EOS Kiss X8i ダブルズームキット
  • EOS 6D ボディ
  • EOS 5D Mark III ボディ
  • EOS 70D EF-S18-135 IS STM レンズキット
  • EOS 80D ボディ
  • EOS 80D EF-S18-135 IS USM レンズキット
  • EOS 8000D ダブルズームキット
  • EOS Kiss X7 ダブルレンズキット 2
  • EOS 6D EF24-105L IS USM レンズキット
  • EOS 5D Mark III EF24-105L IS U レンズキット
  • EOS Kiss X7i ダブルズームキット
  • EOS 7D Mark II EF-S18-135 IS STM レンズキット
  • EOS Kiss X7i EF-S18-135 IS STM レンズキット
  • EOS-1D X ボディ etc
EOSシリーズ買取一覧へ

ニコン

  • D5500 ダブルズームキット
  • D7200 ボディ
  • D750 24-120 VR レンズキット
  • D5300 ダブルズームキット2
  • D5500 18-55 VR II レンズキット
  • D750 ボディ
  • D3300 ダブルズームキット2
  • D500 ボディ
  • D800 ボディ
  • D810 ボディ
  • D610 ボディ
  • D7200 ボディ
  • D7200 18-140 VR レンズキット
  • D7200 18-300 VR スーパーズームキット etc
ニコンDシリーズ買取一覧へ

ペンタックス

  • K-1 ボディ
  • K-3 II ボディ
  • K-S1 300Wズームキット
  • K-50 ダブルズームキット
  • K-S1 レンズキット etc

もちろん、上記記載以外のメーカー、一眼レフ本体、レンズキットもお任せください。

ペンタックスシリーズ買取一覧へ

買取対応エリア

店頭にてすぐに査定から買取も行えますが、査定数が多い場合はお送りする段ボール箱でお送りするだけの宅配買取や実際に家にお伺いする出張買取にて全国対応しています。

買取対応エリアについて詳しく見る

お客様のご負担額について

高く売れるドットコムではお客様に費用を負担させることは一切ございません。

ご納得いただけなかった場合も、キャンセル料は返送料はいただきませんので、ご安心してご利用ください。

一眼レフカメラの買取Q&A

Q.買取に出すときの注意点はありますか?

A.一眼レフというのは物によってはかなりの金額になるものがありますから、買取に出すときにはいくつかの店で査定をしてもらうのが良いでしょう。

あまり高価なものでないのであれば気にする必要はありませんが、高値がつくとわかっているものは複数の店で査定を受けると安心です。


Q.売るならカメラ買取専門店の方がお得?

しかし、一般的に人気のある機種やありふれた機種なら価格に大きな開きも無く問題ありませんが、上位機種やマニアックなブランドの機種はカメラ専門の買取業者に持ち込んだ方が、正当な価格で引き取って貰えます。


Q.一眼レフってどうしたら高く売れるの?

年間を通して安定した買取価格のため売りたい時に査定を依頼してみるのがおすすめです。


Q.買取査定に必要な情報を教えてください。

使わないでいると、ホコリが溜まってきたり、カビが生えてきますので、買取業者に査定をしてもらい納得できるようであれば、早めに処分してしまいましょう。

ネットでの査定であれば、プラスしてカメラの画像があればサイトから査定もできます。

一眼レフカメラを高く売るためのポイント

一眼レフカメラを高く売るための査定ポイントとしては、下記があげられます。

査定を依頼する際に一度確認することで、査定価格も高くなりやすいので一度確認をし、お伝えいただくと査定価格もスムーズにお伝えできます。

付属品は全てセットで

一眼レフカメラの説明書をはじめとした、ケース、ストラップ、外箱、保証書など購入の際に付属されていた物があるかを確認。購入時に近いほど高額査定が提示しやすくなります。

最初に付属されていた物が不明の場合は、今ある付属品を把握しておくことをお勧めします。

バッテリーなどの消耗品も一緒に査定へ

一眼レフカメラの場合は、バッテリー、三脚、カメラレンズなど消耗品・付属品がある場合も査定価格がUPします。

まとめてお売りいただけることで、次のオーナー様も見つかりやすくなるため、その分買取価格にプラスしてご提示させていただきます。

掃除をしてきれいな状態で出す

状態が良い一眼レフカメラは、やはり買取価格が高くなります。チェックいただく項目としては、外観の傷・汚れ、レンズ内のホコリやカビなどがあります。

一眼レフカメラは精密機械ですので、レンズなどの手入れの難しい部分はそのまま査定に出されるのがお勧めですが、外観の汚れなどはきれいにしておく事で、査定額がアップします。

使わないモデルは価値が下がらないうちに査定

最近では、デジタル一眼レフカメラも毎年新モデルが発売されており、新モデルが発売されると型が古くなったモデルの買取相場が安くなる傾向が強くあります。

使用しくなったなどの場合は、早めに査定を申し込むことで、買取額が高くなる可能性があります。

査定時にまとめて提出

後から買い足した一眼レフカメラ用のレンズや、ストロボ・三脚などの周辺機器もまとめて査定いただくと高く買取額を提示しやすくなります。

高額買取となりやすい一眼レフカメラ

下記のメーカー以外も高価査定中です。

Leica(ライカ)

ライカ

ドイツの光学機器メーカーであったエルンスト・ライツのブランドで、「ライツ社のカメラ」が「ライカ」のスタートです。

現在は社名も「ライカカメラ社」と変更し、ドイツのゾルムスに拠点を置き、世界のライカとして、そのレンズのクオリティの高さからプロカメラマンをはじめ、アマチュアでもコレクターや愛好者が多いカメラメーカーです。

レンジファインダー式のM型ライカ、一眼レフのR型ライカや、高級コンパクトカメラや双眼鏡などの光学機器も製造販売しています。

また、デジタルカメラやデジタルムービーカメラ用レンズは、松下電器(パナソニック)とライセンス契約を結んでいます。

ライカシリーズの買取価格を見る

CANON(キヤノン)

キヤノン

EOSシリーズで人気のカメラメーカーです。正式には「キヤノン」と「ヤ」は大きく表記します。

1985年にコニカミノルタが世界ではじめて「オートフォーカスの一眼レフカメラシステム」を発表したのを追従する形で、FDマウントの専用レンズ3本によるオートフォーカス一眼レフカメラ「キャノンT80」を販売し、オートフォーカスの一眼レフカメラシステムに参入しました。

その当時は、実用性に欠ける面もあり、大ヒットにはなりませんでしたが、1987年にEOSシリーズを発売し、本格的なオートフォーカス一眼レフカメラとして一躍人気シリーズになりました。

CANON(キヤノン)シリーズの買取価格を見る

COSINA(コシナ)

コシナ

2004年にカール・ツァイスと提携し、レンジファインダーカメラ「ツァイス・イコン」発売をしました。

このZeiss Ikon(ツァイス イコン)は、究極のレンジファインダーカメラで、高性能で精密なフォーカスの再現力は、ユーザーの信頼を得ています。

また、オート/マニュアルのTTL測光やAEロック機能により、自分の好きな設定で露出をコントロールできます。

また、BESSA-R(ベッサR)は、2000年に発売されたライカLマウントの距離計連動カメラです。

Lマウントカメラとしては、初めて実像式の距離計を搭載されていて、撮影状況やレンズの組み合わせで、3種類のファインダー倍率が選択可能です

COSINA(コシナ)シリーズの買取価格を見る

トキナー

ケンコー

光学製品製造を目的としたケンコー光学(株)がスタートで、2011年、トキナーと合併して「ケンコー・トキナー」に社名変更しました。

レンズフィルターの製造・販売としては、日本国最大手として知られています。

またHOYAをはじめ、日本国内外の企業の代理店業務を手がけ、コニカミノルタホールディングスが製造したカメラのアフターサービスをも請け負っています。

一眼レフカメラ「KFシリーズ」は、ピント合わせ、シャッタースピードや絞りの選択、シャッター後のフィルム巻き戻しまで、撮影の一連の動作は手動になっています。

トキナーシリーズの買取価格を見る


買取価格を調べる
0120-945-991

カメラ人気買取カテゴリ