カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラコラム|買取専門店が書くカメラに関するコラム記事 » ニコンカメラの魅力のひとつ、「Fマウント」
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
買取強化中
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

コラム|ニコンカメラの魅力のひとつ、「Fマウント」

ニコンカメラの魅力のひとつ、「Fマウント」

Fマウントとは

一眼レフ系のニコンは、そのレンズマウントを一貫してF系マウントにしてきた経緯があり、このことがニコンユーザーにとって、魅力の一つとなって来ました。
1959年(昭和34年)にニコンFと名付けられた一眼レフが発売されます。これが、F系マウントの元祖です。

更なる進化を遂げ、追加された機能

F系マウントは、時代と共に、途中で新機能が追加され、徐々に複雑になって行きます。 露出計連動機構や開放F値連動機構や電気接点機構などの追加がそれです。
しかし、基本的な規格は踏襲されたため、条件付きながら互換性があります。
そのため、古いレンズを新しいボディーに装着できる利点がありました。
新しいレンズを古いボディーに装着する場合、新しいレンズに組み込まれた新機能は利用できませんが、装着することはでき、多少不便ながらも撮影できました。
ただし、仕方のないことですが、一部に互換性を維持できない組み合わせもあります。
それでも何とか工夫して、ニコンは、F系マウントを堅持し続けることで、既存ユーザーの利便性を確保し続けたのです。
その代償として、斬新さが求められるボディー開発では、多少なりとも制約条件となりました。

ニコンカメラの買取は高く売れるドットコムにおまかせください

長所もあれば短所もあったわけですが、総じて長所が多かったと言えます。 このことが、中古市場でのニコン製品の買取を活発にする要因の一つとなっています。
ニコンは買取市場でも特別な存在感を示しています。F系マウントでない機種であっても、ニコンの名が信頼感を醸し出しますので、買取の現場でも、どことなく特別な存在感があります。
中古市場でも買取に際しては、ブランド名が多少なりとも影響するのです。
ブランド力の小さいカメラが買取に際して有利になることは、特別な理由がない限り考えにくいことです。
なお、F系マウントのニッコールレンズは、互換性が高いため中古市場では大きな需要があり、ニッコールブランドも加わることで高い人気を維持し続けています。中古市場では、ボディーだけでなくレンズも重要な要素です。

カメラ高く売れるドットコムは全国対応のカメラ買取専門店です。

カメラ高く売れるドットコムメインバナー

使わなくなったカメラ・レンズなどはございませんか?
カメラ高く売れるドットコムは、全国どこからでも不要になったカメラ本体・周辺機材を売ることができるネット型買取専門店です。
宅配・出張・店頭の3つから最適な方法をお客様毎にご提案いたします。

ニコン、キヤノン最新一眼レフはもちろん、フィルムカメラといった「これ売れるかな?」と思う古いカメラでもあっと驚く査定価格がつくことも。 売却決定前に値段がわかる「事前査定」実施中。買取対象品目はこちらをご確認ください。


買取価格を調べる
0120-945-991