カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラコラム|買取専門店が書くカメラに関するコラム記事 » コラム|ニコンの一眼レフやコンデジ、レンズを手放す前に査定しましょう!
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
買取強化中
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

コラム|ニコンの一眼レフやコンデジ、レンズを手放す前に査定しましょう!

ニコンの一眼レフやコンデジ、レンズを手放す前に査定しましょう!

ニコンカメラの魅力

ニコンは、日本を代表するカメラメーカーで、1917年(大正6年)の創業であり、日本光学工業株式会社と名乗っていました。
ニコンの名は、カメラの製品名として使われたもので、その後、会社名になりました。日本光学は、光学兵器を作るために設立された会社で、大戦が終わるまで、軍艦に搭載する巨大な測距儀などの光学兵器を作っていました。
戦艦大和の測距儀も、日本光学の製品です。測距儀と言うのは、要するに距離計であり、レンジファインダーのことです。
ですから、レンジファインダーカメラを設計したり製造する基礎は、当初からあったことになります。
カメラを作り始めたのは戦後のことで、1948年に35mm判のニコンI型を発売しました。これ以降、ドイツカメラのライカやコンタックスの設計を模倣することから始め、徐々に独自性を追加していきます。

プロユーズから趣味で楽しむ方まで広く愛されるニコンカメラ

ライカがM3を発売して以降、ニコンは、レンジファインダーカメラから一眼レフに移行し、世界的な一眼レフ全盛時代を築く先頭に立ちました。このような歴史もあり、ニコンには、銘機と呼ばれる製品が数多くあります。
レンジファインダーカメラならニコンSP、純機械式の一眼レフならニコンFかF2が頂点になるでしょう。

ニコンカメラの買取なら高く売れるドットコム

ニコンなら古いフィルム式のカメラでも買取の対象になります。ただし、機種により人気度に大きな差があり、買取の難しいものもあります。
それは、市場動向に左右されるもので、仕方のないことです。保存状態の良くないものは、なおさらです。

カメラ高く売れるドットコムは全国対応のカメラ買取専門店です。

カメラ高く売れるドットコムメインバナー

使わなくなったカメラ・レンズなどはございませんか?
カメラ高く売れるドットコムは、全国どこからでも不要になったカメラ本体・周辺機材を売ることができるネット型買取専門店です。
宅配・出張・店頭の3つから最適な方法をお客様毎にご提案いたします。

ニコン、キヤノン最新一眼レフはもちろん、フィルムカメラといった「これ売れるかな?」と思う古いカメラでもあっと驚く査定価格がつくことも。 売却決定前に値段がわかる「事前査定」実施中。買取対象品目はこちらをご確認ください。


買取価格を調べる
0120-945-991