カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取対象品目一覧 » フィールドスコープ 買取査定
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
買取強化中
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

フィールドスコープ 買取査定

フィールドスコープ 買取査定

フィールドスコープ 高価買取

カメラ高く売れるドットコムでは、フィールドスコープを高価買取中です。
フィールドスコープは、望遠鏡と超望遠レンズの兼用として人気があり、リユース市場では高価で取引されています。当店での査定も特に高価でご提案いたします。
新品でも中古品でも大歓迎ですので、不要になったフィールドスコープがありましたら、ぜひ当店にご依頼ください。
お電話一本で無料査定、買取価格をすぐにお答えします。査定料、宅配送料や出張手数料などもすべて無料です。
新しいフィールドスコープや望遠レンズなどのカメラ製品購入資金調達にも、ぜひ当店の買取サービスをご利用ください。

買取価格を調べる
0120-945-991

フィールドスコープを高く売るポイント

望遠鏡の一種として知られるフィールドスコープは、遠方に存在する物体を観察、補足するために使用される光学機器の一つで現在様々なシーンにおいて活用されています。数多くの光学機器メーカーから製品がリリースされていますが、ここではフィールドスコープの概要や高く売るポイントについてご紹介します。

【フィールドスコープの概要】
見た目は天体望遠鏡と似ていますが、実際には地上観察に適した構造になっていることが多いため、天体観測をしても鮮明に観察することができない製品が殆どです。 組み込まれているプリズムはポロプリズムが多い傾向にありますが、製品によってはダハプリズムが採用されていることもあります。海外ではカール・ツァイスやライカなどのメーカーが有名で、日本ならニコンやペンタックス、ビクセンなどが製品をリリースしています。

【ニコンED50/ED50-A】
ニコンが販売しているこちらのモデルは、従来のフィールドスコープの概念を覆すような革新的デザインが特徴的です。 450~470グラムという軽量さを誇るモデルで、力のない女性やお年寄りでも容易に扱うことができることから幅広い年代から支持されており、買取店での評価も高くなりがちです。また、フィールドスコープにありがちな大型タイプではなく小型モデルですから携帯性に優れているという部分も人気の秘密なのでしょう。

【コーワTSNシリーズ】
コーワからリリースされているこちらのシリーズは、他のフィールドスコープには見られないような88ミリという圧倒的に大きなサイズのレンズが搭載されたモデルとなっています。 50年以上フィールドスコープの開発や製造に携わってきたコーワが満を持して世に送り出したフラッグシップモデルとなっており、同社が持つノウハウや技術の集大成と言っても過言ではありません。その完成度の高さゆえに人気も高く、買取店では高値がつくことも多いです。

【傷がつかないような運搬を】
専用ケースなどに入れてフィールドスコープを運搬する場合は問題ないかもしれませんが、人によってはケースに入れると嵩張ってしまうという理由から、フィールドスコープ単体で持ち運びしてしまう方もいます。
また、中にはレンズカバーすらつけていないこともありますが、これではレンズに傷つきやすくなります。買取専門店ではレンズの傷を最も重点的に確認しますから、高く売ろうと考えているのなら日頃からレンズには細心の注意を払うことが重要になります。
また、レンズは非常に錆びが付きやすいので、繊維の細かい布などと専用のレンズ用スプレーなどで清掃すると好評化につながり易いです。

買取価格を調べる
0120-945-991

フィールドスコープで超望遠撮影

フィールドスコープは、地上望遠鏡などとも呼ばれる望遠鏡の一種で、遠くにいる地上のものを主に観察するために作られたものです。近年ではただ観察するだけでなく、各種のカメラをフィールドスコープの接眼部に直結させて、望遠撮影を行うことも流行しています。
用途は、野鳥の観察や各種監視用、射撃などのスポーツの標的の確認などで、三脚で固定して使われることが多いようです。さらに、前述したフィールドスコープをカメラの望遠代わりに使い、超望遠の撮影を行うこともあります。使用局面を考えて、耐衝撃や防水加工をしている商品もあります。覗く角度によって直視型と45度程度の傾斜型があったり、対物レンズが色収差を避けるため、特殊なレンズを用いていたり、倍率出来る程度に差があったり、接眼レンズが交換できるものとできないものがあるなどと、商品によっても特長が異なります。カメラの望遠として用いるためには、カメラと接眼可能なタイプかどうか確認する必要もあります。
展開しているメーカーは海外は、カール・ツァイス、ライカ、スワロフスキー・オプティックなどで、国内メーカーは、ニコンやペンタックスなど、有名なメーカーでも発売されています。

フィールドスコープの関連製品


買取価格を調べる
0120-945-991

カメラ人気買取カテゴリ