カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取対象品目一覧 » カメラ下取りと買取の違い
お客様に合わせた
つの買取方法
出張買取 宅配買取 店頭買取
買取強化中
店舗情報
最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」

電話で今すぐ買取金額を
調べられます!

0120-945-991
通話無料

年中無休 (年末年始除く)

【受付時間】9:15~21:00

スタッフ大募集
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
法人様向け買取サービスの案内サイトです。

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

カメラ下取りと買取の違い

下取りと買取どっちがお得?

~下取りと買取どっちがお得?~


商品を買い換えるときに、今まで愛用していた商品を販売店にそのまま下取りに出していませんか?

もしかすると、もっと高く売れたかもしれませんよ!



買取とは

~買取とは~


「今持っている商品を売り、現金を受け取る」こと。

買取価格はメーカー、型番、製造年数などから出した中古相場を元に現在買取れる最高値を基本価格としそこから状態などを総合して算出する。
全国各地の市場の相場データをリアルタイムに把握し、その値動きがダイレクトに価格に反映されます。

当店の買取方法は3つ!!全ての手数料が完全無料です!
店頭・・・駐車場完備の店頭にお越し頂き、経験豊富なスタッフが丁寧かつスピーディにその場で査定し、即現金化させていただきます!
宅配・・・完全無料の宅配キットを利用し、お申し込みからご入金までご自宅にいながら簡単にできる全国対応の買取サービス!
出張・・・東京都だけではなく関東近郊エリアのお客様のご自宅まで無料でお伺いしその場で査定、運び出し、現金化など自宅にいながらご利用できます!



下取りとは

~下取りとは~


「今持っている商品を売り、同じ販売店で買う商品の購入資金に充てる」こと。

下取りはメーカー、型番、人気・流行などにかかわらず、家電だったら製造年数やパソコンだったらスペックといった下取り基本価格表をベースに価格が算出されますが、中古相場動向にリアルに連動しているわけではないので、市場の値動きに応じた高い下取り価格というのは提示されにくくなります。
なのであなたの商品がいくら人気商品であっても査定金額には反映されにくいということです。

下取りというのは店舗が新しい商品を購入してもうらうためのいわばサービスのようなもの。
販売員が提示した金額と新しい商品の購入金額から相殺する方法が一般的にとられています。

下取りは値引き充当になりますが、下取り価格を低く設定する事で差額を値引きに置き換え、値引きをしましたと見せかけ実質的にはしていないというカラクリもあったりするよう。

流通経路がメーカ戻し、海外販売、パーツ取りなどがあり、販売価格自体が安いので査定を出す際は次に販売する価格をあまり重視していないので中古相場の最低価格で下取りされる場合が多いのです。



結果

~結果~

下取りより買取の方がお得!

下取りは新しい商品への買い替えがスムーズですし、1つのお店ですべて済むので楽とは言えます。
しかし査定金額が高いのは買取なのです!

場合によっては、下取りと買取に随分と金額に違いが出るようですから、少しでもお得に新しい商品に買い換えましょう!

カメラ下取りと買取の違いについてもっと詳しく

カメラを売る時には買取に出すものですが、買い換えるときは下取りに出す人も多いのではないでしょうか。
どちらも同じようなものだと思っている人もいるかもしれませんが、このふたつには大きな違いがあることがあるためその差を理解してサービスを利用すると得をすることができます。 買取というのは文字通りカメラを買い取って、それを転売することで相手は利益を出しています。

つまり、しっかりとした販路をもって商品を買い取っているわけですから査定額に関しても、それなりの金額を提示することができるのです。
買取と下取りでは同じように見えたとしても、ものによっては買い取ってもらったほうがお得だというケースが多くあります。
これはどういうことかというとひとつの店で新しいものを購入して古いものを引き取ってもらうよりは、古いものは別の高く買ってくれる店で買い取ってもらって新しいものは安く売っている店を選んで買ったほうが得をすることができるということになるのです。 手間の面だけで考えれば下取りのほうが有利ということになりますが、経済的な利点を考慮すると買取のほうが有利になるので少しでもお金を節約したいというときには覚えておいて損はありません。

どちらも一長一短。自分に合った方法を見極めることが大事です。

下取りはカメラを買い換える時に行われるもので、古い不要になったカメラを引き取ってくれてそれを新しい商品の代金に充当をしてくれるサービスです。 簡単に言えば新しいものを買う店で古いものを買い取ってもらうだけで、その点では買取と大きな違いはありません。 しかし、大きく異る点があり下取りというのはあくまでも買い替え促進のサービスのひとつであり、店側は元から買い取ることを目的としているわけではないのであまり高値を期待することができないという欠点があります。 同時に中古販売などをしている店では、高く買ってくれることもありますがそうでない店の場合には、専門の買取店と比較をすると安価になってしまう傾向があります。

そのため、単純に金銭的な面で言えば下取りは不利ということになってしまうのです。 特に価値の高いものほど、安値で買われてしまう傾向があるので損だということになってしまいます。 逆にあまり高値を期待できないものはわざわざ別の店で売るほどではないので、手間の分だけ得だといえますしあるいは買取店では値がつかないようなものの場合にも サービスの側面が強い分だけいくらか値段がつく可能性がある分だけそのようなケースだけ下取りは有利になります。

  • メリット
  • デメリット
  • 買取
  • 高価買取ができる
    複数の商品でも対応ができる
  • 売却と購入を一緒にできない
  • 下取り
  • 売却と購入を一貫してできる
  • 下取りの値引き額は安価な場合が多い


買取価格を調べる
0120-945-991