カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取対象品目一覧 » フィルムカメラ
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 仙台リユースセンター 埼玉リユースセンター 西東京リユースセンター 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

愛車を最高値で売るには? バイクを高く売ろう! 不動産を高く売却しよう!

フィルムカメラ 買取査定

高く売れるドットコムでは、不要になったカメラを高価買取しています。
「引越しでの処分」「新しいカメラの資金にしたい」など、お客様のご要望に全力でお応えします。
当店の買取サービスは3種類あり、店頭以外に、宅配キットにて送る宅配買取や、出張買取の方法があり

お好きな方法にて買取いたします。 送料や査定料、買取手数料はすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。即時の査定にて買取価格をお答えします。

買取価格を調べる

フィルムカメラ買取について

フィルムは現在でも入手が可能であり、続けて利用されている人も多くおります。
市販されているフィルムカメラの製品自体が少なくなっているため中古品を買い求めたいと言う方も多くいらっしゃいます。

デジタルカメラは手軽に撮影が出来るので便利、しかし、フィルムを利用したアナログ式のカメラで無ければ撮影が出来ないものが在ると言った具合に拘りを持つ方も少なく在りません。
カメラとレンズが一体になっているもの、一眼レフカメラなどの種類に関係なく買取りをしております。
お家の引き出しの中や収納の奥にしまい込んだままのカメラが在る場合には
当店のリユースセンターにお持ち頂ければ査定スタッフがカメラの価値をしっかりと見出すことが出来ます。

また、売ろうかどうか考えている場合は電話やWEBで一度、ご相談ください。
カメラのメーカー名や型番などを伝えていただくことで事前査定を行う事が出来ます。

買取方法については店頭での買取の他、お客様のご自宅までスタッフがお伺いし、
カメラの状態などを見て、買取をする事が出来る出張サービスも在ります。
遠方にお住いの人でお店が近くに無いと言った場合などでは宅配キットを送付致しますので
届いたキットにカメラを詰めてお店に送って頂ければ到着次第、直ぐに査定を行う事も可能です。
店頭買取、出張買取、宅配買取はお客様の費用一切無料にてご案内しております。無駄な費用をかけずに対応させて頂きます。

【店頭買取】
【出張買取】
【宅配買取】

押入れや倉庫で眠っているフィルムカメラはございませんか?

中古カメラは別として、今やカメラの殆どがデジタルカメラです。中古でない新品としてフィルムカメラも販売されていますが、機種は限定的です。 それでも不思議なことにフィルムカメラは、一定の人気を維持しています。
フィルムカメラの人気は、写真を撮るために買う人とコレクションのためのクラッシックカメラとして買う人とがいるためです。

カメラの進化とフィルムカメラ

フィルムに写真を記録したいと思う人は、今でも一定数はいます。フィルムも種類は少なくなりましたが、販売されています。
最近は携帯電話やスマートフォンと言った携帯端末に内蔵されているカメラを利用する事で、これらの携帯端末は常に持ち歩く人が多くなっている事からも気軽に写真撮影を楽しめるなどの魅力を持ちます。 また、携帯端末で撮影した写真はメールに添付すれば友達などに送ることが出来る利便性もあります。更に、写真に拘りを持ちたい人などの場合、デジタル一眼レフカメラを利用している人もいます。

フィルムカメラの場合、フィルムが無くなると撮影が出来なくなるため、フィルムのストックを用意しておく必要がありますが、デジタルカメラはフィルムが要らないため、残り枚数を気にすることもなければ、ストックも要りません。

更に、撮影して直ぐに見る事が出来るなどのメリットを持つ事からもデジタルカメラが主流になっています。 しかし、デジタルと言うのは1と0の2つの世界であり、中間と言うものが無いため、ピントを合わせる場合でも、1もしくは0のどちらかになるため、フィルムカメラにしか撮影する事が出来ない写真もあります。また、カメラはデジタルが主流となっている現代においてもフィルムの製造は続いており、お店に行けばフィルムを入手する事が出来ることからも、アナログ式のカメラを利用されている人も多く、生産が終了していることからも、中古品のカメラに注目が集まっています。

コレクションアイテムとしてのフィルムカメラ

フィルムカメラは、今も実用の道具として通用していて、買取市場で幅広く取引もされています。
しかし、いずれ実用の道具としての役割を完全に終え、フィルムも販売されなくなり、完全にコレクション用になるものと予想されます。
そうなると、コレクションとしての価値のあるものだけが買取の対象となり、実用品としてのカメラの価値はなくなります。
買取市場に出す最後のチャンスが迫っているのではないでしょうか。その時期がいつになるのか分かりませんが、楽観していられる状況でもないと思われます。

動かなくなってしまう前に、捨ててしまう前にご相談ください。

実用目的の人は、使えるまで使い潰す覚悟かも知れませんが、使わずに死蔵している古いカメラがあるのなら、買取市場に出す案も検討の余地ありです。
銘機の誉れ高いニコンF3なども、フィルムの供給がなくなり実用性を失った途端、中古市場の価格も大きく変動するかも知れません。実用品として使われていたものほど、影響も大きいと推定されます。

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

カメラ人気買取カテゴリ


買取価格を調べる