1. カメラ高く売れるドットコム
  2. カメラ買取対象品目一覧
  3. 雲台 買取査定

雲台 買取査定

雲台 買取査定

雲台を売るなら、カメラ高く売れるドットコム!
カメラ買取専門店だからこそ、雲台の高価買取が可能です。

古い雲台や使っていない雲台も、出張・宅配・店頭持ち込みにて買い取ります。

雲台の買取価格・買取相場も公開中です。買取価格がわかる無料査定は、お電話とWebからお待ちしております。

買取価格を調べる
0120-945-991

雲台の買取実績

買取価格を調べる
0120-945-991

雲台買取の流れ

買取の流れ
【買取価格を調べる】ボタンから査定を申し込みましょう。商品の情報をもとに買取価格をお調べします。
査定員から買取方法と買取価格をご連絡します。買取方法は、出張・宅配・店頭持ち込みの3つです。
商品の引き渡しとお支払いをします。出張・店頭買取は当日現金払い、宅配買取は買取成立の翌営業日にお振り込みです。
査定申込み
【買取価格を調べる】ボタンから査定を申し込みましょう。商品の情報をもとに買取価格をお調べします。
買取価格のご連絡
査定員から買取方法と買取価格をご連絡します。買取方法は、出張・宅配・店頭持ち込みの3つです。
お知り合い
商品の引き渡しとお支払いをします。出張・店頭買取は当日現金払い、宅配買取は買取成立の翌営業日にお振り込みです。

雲台の買取方法

カメラの買取方法は、出張・宅配・店頭買取の3つです。買取対象地域は日本全国となっており、出張料金や宅配料金は無料です。


  • 出張買取 ➝ 査定員がご自宅に伺って買取
  • 宅配買取 ➝ 宅配便で商品を送って買取
  • 店頭買取 ➝ 店舗にご来店いただき買取

買取価格を調べる
0120-945-991

雲台買取で選ばれる理由

選ばれる理由
選ばれる理由

専門家による買取

楽器買取の専門家が商品を査定します。
専門知識と豊富な買取実績をもとに、大切なお品物を高く買い取らせていただきます。

3つの買取方法

店頭・宅配・出張の3つの買取方法をご用意。
日本全国に対応しており、近くに店舗がなくてもご利用いただけます。

最短当日中に売却

最短当日中に売却・お支払いが可能です。
引越しや整理ですぐに売りたい方や、当日中に現金を受け取りたい方にもおすすめです。

雲台の査定ポイント

1. レンズのメーカー・モデル

カメラレンズの買取価格は、レンズのメーカーやモデルによって8割方決まります。レンズのメーカーや焦点距離、F値がわかれば商品を特定することができ、中古市場での流通価格がわかります。

レンズの外観の状態によって多少価格は前後しますが、同じ商品であれば中古市場での流通価格はほぼ同じです。そのため、カメラレンズのメーカーやモデルが決まれば、買取価格も自ずと決まっていきます。

2. レンズの傷や汚れの状態

モデルの次に重要なのが、カメラレンズの状態です。レンズ表面に擦り傷がないか、レンズ内部にカビや曇りがないかを確認します。レンズ内部にカビがある場合、カビを取るための修理料金がかかるため買取価格も下がります。

新品同様に綺麗である必要はありませんが、撮影に支障がない程度の傷や汚れであると好ましいです。保管状態が悪いレンズや古いレンズの場合、ジャンク品として通常の買取相場よりも減額される可能性もあります。

3. 付属品の有無

最後に、カメラレンズ購入時の付属品がそろっているかどうかで買取価格が決まります。レンズ購入時についている付属品としては、外箱、レンズキャップ、レンズフード、取扱説明書などがあります。

これら付属品はなくても問題ありませんが、付属品がそろっている方が中古市場で高く売れる傾向にあります。そのため、付属品が欠品しているとその分買取価格から減額されるおそれがあります。付属品があるかどうかわからない方は、査定に出す前に一度ご自宅を探してみるのがおすすめです。

買取強化中の雲台メーカー

Manfrotto(マンフロット)
  • センターボール雲台
  • XPROギア雲台
  • XPROボール雲台
  • XPROフルードビデオ雲台
  • ギア付きジュニア雲台
  • ギア付きプロ雲台
  • ギア付き雲台
  • 3Dプロ雲台
  • 3Dジュニア雲台
  • 3Dマグネシウム雲台
  • 標準3ウェイ雲台
  • befree 3ウェイライブ雲台
  • 057マグネシウムボール雲台
  • マグネシウムフォトムービー雲台
  • ジョイスティック雲台
  • パン雲台
  • プロ パン雲台
  • ジュニア雲台
  • ハイドロスタットボール雲台
  • マイクロボール雲台
  • ミニボール雲台
  • コンパクトボール雲台
Leofoto(レオフォト)
  • 自由雲台
  • ギア雲台
  • ビデオ・望遠レンズ向け雲台
  • ハンドル雲台
  • 一脚用雲台
  • 小型雲台
  • パノラマ雲台
  • ジンバル雲台
SLIK(スリック)
  • グリップ式雲台
  • 自由雲台
  • 3ウェイ雲台
  • フリーターン雲台
  • ビデオ雲台
  • 微動雲台
  • 自動雲台
Velbon(ベルボン)
  • フリュード雲台
  • 3Way雲台
  • 自由雲台
  • ティルト雲台
Gitzo(ジッツオ)
  • 2ウェイフルード雲台
  • 3ウェイフルード雲台
  • センターボール雲台
  • フルードジンバル雲台
その他メーカー
  • Photoclam(フォトクラム)
  • Libec(リーベック)
  • SIRUI(シルイ)
  • sachtler(ザハトラー)

雲台のあれこれ

雲台とは三脚とカメラの間に置いて、自由な方向に向けて固定する為の撮影機材です。三脚だけではただ固定するだけですが、雲台があれば撮影したい被写体に向けて固定する事ができます。雲台には3種類あり、スチル用、シネ用、自由雲台に分けられます。カメラ用は種類も多く、値段も安いものは数千円から、高いものでは数万円する物もあります。

選び方としては、使用するカメラの大きさと重さに対応した物である点がまず大切です。次にカウンターバランスと言って、水平を保ってくれる機能が付いているものと付いていないものがあります。また、クイックシューと言って、カメラの付け外しをワンタッチで行えるアタッチメントが付いているものと付いていないものや、このクイックシューもカメラの大きさに合わせてスライドプレートが付いているものと付いていないものがあります。バンハンドル付きのものがとても便利です。自由雲台は稼動範囲が大きいので、撮影目的によって使い分ける方法もあります。

写真撮影を行う時、カメラを両手でしっかりと固定をしてシャッターを切ると言う事は基本的な動作になりますが、カメラに装着しているレンズがマクロレンズや望遠レンズと言った場合、手で固定をしても被写体がぼけてしまう事もあります。

マクロレンズを使って花などの植物を撮影したい時、望遠レンズを利用して遠くの被写体を写真に収めたい時などは三脚が在る事でピントをしっかりと合わせた写真撮影が可能になります。 これは写真撮影用のカメラだけではなく、ビデオカメラやプロが利用する専用カメラなどの場合も同じで、三脚が在る事でカメラ本体がしっかりと固定されるため、ピンボケなどになることなく撮影を容易に行えるようになります。

三脚には雲台と呼ばれているカメラを乗せるための台が付いており、この台はネジを使って固定や取り外しができます。また、大型のカメラを取り付けたい時などは、この台を交換することでしっかりとカメラを固定することができるようになるため、専門家などの場合は使い易さや安定感などを重視して選ぶ人も多いと言います。


買取価格を調べる
0120-945-991

カメラ人気買取カテゴリ


メールで
査定申込