カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取品目一覧-カメラ高く売れるドットコム » リコーRICHO 買取査定
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

愛車を最高値で売るには? バイクを高く売ろう! 不動産を高く売却しよう!

リコーRICHO 買取査定

リコーRICHO 買取査定

RICOH リコー 高価買取

リコー(RICHO)のカメラを売却するならカメラ高く売れるドットコム。電話・ウェブからのお申込みで査定価格をお伝えする事前査定サービスを行っています。 「先におよその買取価格を調べたい!」「買取の流れもしりたいな」」といったご意見ご要望もございましたら、下記より査定のお申込み時にお伝えください。

買取価格を調べる

リコーRICHOのカメラを高く売却するポイント

事務機器や光学機器を製造販売するメーカーとして知られるリコーRICHOは、カメラメーカーとしては老舗の部類に入るメーカーの一つです。現在でも新技術を採用した商品を次々とリリースしているリコーRICHOですが、ここではリコーRICHOの概要や同社のカメラを高く売却するポイントと高価買取モデルをご紹介します。

【リコーRICHOの概要】
リコーRICHOは昭和11年に設立された企業で、東京都中央区に本社を構えています。幅広い販売ルートを確保していることが特徴的で、「販売のリコー」と呼ばれるほど営業力が高いことは業界内で有名です。 複写機のシェアは国内随一で、他にも小型複写機やファックスも高いシェア率を誇っています。戦前からカメラ産業に参入していた老舗カメラメーカーでもあり、独自の技術を盛り込んだ高級カメラからコンパクトカメラの先駆けとなる製品など数多くのカメラを世に送り出してきました。

【綺麗な状態で査定に持ち込み印象アップ】
リコーRICHO製のカメラに限った話ではありませんが、カメラを査定に持ち込む際には綺麗な状態にして持ち込むことが高額査定のコツです。 やはり汚れたカメラよりは綺麗なカメラの方が査定するスタッフも良い印象を受けますし、査定額もアップしやすいでしょう。ただし、カメラのレンズは非常にデリケートですから、目の粗いタオルなどで力いっぱいこするなどは絶対にしてはいけません。クリーニングクロスなどで優しく汚れを拭き取りましょう。

【リコーRICHO GR】
世界最小と評される小柄なボディに高機能を詰め込んだ製品がこちらのGRです。広角28ミリ相当のレンズを搭載し高い描写力を誇るカメラで、コンパクトサイズカメラの限界を超えたと評する声もあるほどです。 マルチパターンAUTOやダイナミックレンジ補正機能が備わり、画素単位レベルでの補正が可能となりました。また、新開発されたGR ENGINE Vにより従来にはない画像処理能力も備わっており「誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる」と人気が高く、市場価値も高いです。

【リコーRICHO G700】
こちらはやや特殊なカメラで、防水防塵、耐衝撃性能が備わったデジタルカメラです。建築や建設など、様々なハードな仕事の現場で使用されることを目的に開発されたモデルで、現場仕事に関わる方からのニーズは高いです。 2メートルの高さから落下しても大丈夫という強固なボディと、水深5メートルの場所で2時間使用できるという驚きの性能を持っています。特定の環境下で使用を考えている方からは高い評価を得ていますから買取査定額も高くなりがちです。

買取価格を調べる

RICOH リコーについて

リコー(RICHO)は、日本の複写機、OAデジタル機器などを製造する総合メーカーです。創業は昭和11年(1936年)で、もともとは理化学研究所の傘下にあった理化学興行(株)の感光紙部門が分社化して設立されたものです。その後、1938年に理化学工業と社名を変更し、1963年にリコー(RICHO)という現在の名称に再変更しています。オフィス用の汎用コンピュータからファクシミリなどOA分野に独自の技術をもっており、連結売上高は二兆円を超える大企業として国内外で認知されています。
リコーは、戦前から高級カメラとして知られている護国などの製造を手がけてきました。当時としては画期的で、現在のコンパクトカメラの先駆けと言われているオリンピックシリーズは、ベストセラーを記録しました。その後も日本に二眼カメラブームを巻き起こしたリコーフレックスなど、先進技術を大胆に取り入れることで市場を牽引してきました。2011年に国内三大メーカーの一つであるPENTAXを買収し、ペンタックスリコーイメージング株式会社となり、経営基盤を盤石のものとしています。RICHOの現在のラインナップは、スタンダードモデルのCXシリーズや、RICHOブランドの代名詞とも言えるGRデジタルシリーズ、防水防塵仕性に優れたGシリーズなどが有名です。この中でもGRシリーズは、国内外にファンが多く、現在の高級コンパクトデジタルカメラというジャンルを確立させた立役者です。

RICOH(リコー)の買取商品例

    No documents found.

【CXシリーズ】
CX1
CX2
CX3
CX4

【Gシリーズ】
G600
G700

【GXシリーズ】
GX200
GX200 VF KIT

【GRシリーズ】
GR DIGITAL II
GR DIGITAL III

【Caplio】
Caplio 500SE model B
Caplio 500SE model W

※上記以外の型番、メーカーのカメラももちろん買取しています。

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

RICOH(リコー)の査定ポイント

カメラ査定のポイント

カメラ人気買取カテゴリ


買取価格を調べる