カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム » カメラ買取専門店事情ブログ
宅配買取 出張買取 店頭買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説

カメラ買取専門店事情ブログ

ニッコールレンズ中、最高の明るさを持つレンズ ニコン AI Nikkor 50mm f/1.2Sのご紹介

カメラ買取専門店が運営するカメラレビュー

ジャンルレンズ
メーカーニコン
商  品AI Nikkor 50mm f/1.2S
発 売 日2002年 8月 8日

対応マウント ニコンFマウント系 レンズタイプ 単焦点
フォーカス MF レンズ構成 6群7枚
絞り羽根枚数 9 枚 焦点距離 50 mm
最短撮影距離 05 m 最大撮影倍率 1/7.9 倍
開放F値 F1.2
最大径x長さ 88.5x47.5 mm 重量 360 g

あなたのカメラは今いくら?
買取価格を調べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコンレンズ AI Nikkor 50mm f/1.2Sは、フィルムカメラ時代からの伝統的な仕様を受け継いだものです。

大口径レンズで新しい表現へ。

このAI Nikkor 50mm f/1.2Sは、ニコンFマウントで、マニュアルフォーカスですが、デジタルカメラのFXフォーマットおよびDXフォーマットのニコンカメラにも装着できます。
フォーカシングをオートにせず、自分の意思で行いたい人向けのレンズだと言えます。
フォーカシングをオートにすると、自分が意図しない部分に焦点が合ってしまうことがありますが、マニュアルフォーカスなら、自分の意図した部分に焦点を合わせることができます。

そうしたい人も多いはずです。ニコンのニッコールレンズ群の中でも最大となる大口径であり、F1.2の明るさです。
絞りを開放にした場合、薄暗い状況でも威力を発揮し、また、被写界深度の浅さを利用した背景のぼかし表現が効果を発揮します。

被写体を浮き上がらせてみたい、そんなあなたへ。

ニコンAI Nikkor 50mm f/1.2Sの魅力は、使用頻度の高い50mmの焦点距離であることと、F1.2の大口径にあります。
デジタルカメラでは、感度設定の自由度が高く、高感度の設定が可能なものが多いですが、望遠でもないのに背景を大きくぼかし、被写体を背景から浮き上がらせることのできる効果は、このニコンAI Nikkor 50mm f/1.2Sの独壇場と言えるでしょう。
大口径標準レンズの長所を正しく認識し、もっと活用したいものです。

ズームレンズにない魅力を。

ありふれたものと思いがちですが、最も利用価値が高いのが、AI Nikkor 50mm f/1.2Sに代表される大口径標準レンズです。
風景にもポートレートにもオブジェにも、あるいはそれ以外にも、殆ど万能的に用いることができます。
ズームレンズの便利さに慣れてしまうと、何でもズームの操作でこなしてしまいがちですが、基本に立ち戻り、大口径標準レンズの表現力を再発見してみてはいかがでしょうか。
被写体に一歩踏み込んで撮影することは、基本中の基本です。

ニコン「AI Nikkor 50mm f/1.2S」の買取依頼は
カメラ高く売れるドットコムへ。

カメラ高く売れるドットコムでは、ニコンのカメラやレンズを高価買取中です。
撮影機器の買取価格を調べるならカメラ高く売れるドットコムの買取サービスをお試しください。

0120-945-991 買取価格を調べる

やっぱりフィルムがいい!そんな方の為のフィルムカメラ ニコン FM3Aご紹介

FM3A

ジャンルフィルムカメラ
メーカーニコン
商  品FM3A
発 売 日2001年 7月

タイプ フィルムカメラ 使用フィルム 35mm
フォーカス AF/MF シャッタースピード 速/遅 1/4000秒 / 8秒
ファインダー視野率(縦x横) 93×93 % ファインダー倍率(50mm∞位置) 0.83 倍
幅x高さx奥行 1142.5x90x58 mm 重量 570 g

あなたのカメラは今いくら?
買取価格を調べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

前代未聞のハイブリッドシャッター。

ニコン FM3Aの一番の特徴は、デジタルカメラが普及し出した頃の独自性の高いフィルムカメラであり、電子制御式シャターと機械制御式シャッターとのハイブリッドシャッターである点です。
旧型のNew FM2では、機械制御式シャッターで、電池切れでも作動するシャッターとして、人気がありましたが、内蔵露出計がマニュアル方式であったため、AEを望むカメラユーザーから支持が得られませんでした。
そこで、従来の機能を残しながら、AEも追加するということで、前代未聞の電子制御と機械制御とのハイブリッドシャッターを搭載したニコン FM3Aの誕生となりました。

アナログとデジタルの融合。

フィルムカメラのファンにとって、他のカメラとは全く違うコンセプトの一眼レフで、その孤立した独自性には、強い魅力を感じることでしょう。
ニコン FM3Aの最大の特徴であるハイブリッドシャッターの仕組みについて、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。
このシャッターは、上下走行式メタルフォーカルプレンシャッターで、走行自体はバネの力が開放されることで作動しますが、シャッタースピードの制御(タイマー機能)では、機械式(ガバナー)と電子式との2重搭載による対応になっています。

使わなくても持っていたい。

通常の撮影では、電子式のAE露出に任せる場合が多いでしょうが、電池切れの時は、露出計は作動せずAEも作動しませんから、オールマニュアルにします。
カメラ撮影に熟練していないと、電池切れの場合に使いこなせませんが、それだけに、プロのカメラマンにもサブカメラとして使われました。
ニコン FM3Aは、フィルムカメラであり、今日的なニーズに必ずしも合致しませんが、記念碑的なカメラとして手元に置いておきたくなるカメラではあります。

フィルムカメラ界のレジェンド。

ニコン FM3Aは、当時、グッドデザイン賞やカメラグランプリ特別賞を受賞するなど、画期的なカメラとして絶賛されました。
このカメラは、フィルムカメラの時代の最後を飾る歴史的な名カメラでもあります。
ニコン FM3Aは、フィルムカメラのレジェンド(伝説)と言っても、過言ではないでしょう。

ニコン「FM3A」の買取依頼は
カメラ高く売れるドットコムへ。

カメラ高く売れるドットコムでは、ニコンーの一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラ、レンズなどを高価買取中です。撮影機器の買取価格を調べるならカメラ高く売れるドットコムの買取サービスをお試しください。

0120-945-991 買取価格を調べる

見えない光も映し出す一眼レフカメラ。ニコン D5のレビュー

カメラ買取専門店が運営するカメラレビュー

ジャンル一眼レフカメラ
メーカーニコン
商  品D5
発 売 日2016年3月

タイプ 一眼レフ レンズマウント ニコンFマウント
画素数 2133万画素(総画素)
2082万画素(有効画素)
撮像素子 フルサイズ
35.9mm×23.9mm
CMOS
ローパスフィルターレス なし 撮影感度 標準:ISO100~102400
拡張:ISO50相当、3280000相当
記録フォーマット JPEG/RAW/TIFF 連写撮影 14 コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 液晶モニター 3.2インチ
236万ドット
ファインダー形式 ペンタプリズム ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
ファインダー倍率 0.72
動画記録画素数 4K(3840x2160) フレームレート 29.97 fps
幅x高さx奥行き 160x158.5x92 mm 重量 1240 g

0120-945-991 買取価格を調べる

ニコンカメラのフラグシップ機であり、最高級機種となるデジタル一眼レフカメラ「ニコンD5」の性能は、まさに圧倒的なものです。

これぞフラグシップ!写真も、連写も、動画も申し分なし。

この一眼レフカメラは、ニコンFXフォーマットで、これは35mm判のフルサイズに相当し、ニコンのニッコールレンズのイメージサークルを最大限に活用します。
D5の有効画素数は、2082万画素であり、全く申し分ありません。
D5は、動画撮影でも、4K UHD 30P の規格をカバーします。高速連写では、秒速12コマに達し、ミラーアップすれば、秒速14コマにもなります。

信頼のオートフォーカスと暗い状況でもと撮影できるISO感度。

ニコンデジタル一眼レフ独自の信頼性の高いオートフォーカス機能を有し、広域にして高密度の153点AFシステムで、被写体を高速で適確に捉えます。
常用の感度設定は、ISO 100からISO 102500までの広域となります。
また、減感でISO 50、増感でISO 3280000まで可能ですので、かなり暗い状況下でも撮影可能です。

良い写真家は"白"にこだわる。

ホワイトバランスの調整では、3種類のオートが選べ、強調された白、素材の持つ自然な白、白熱電灯下での白、このどれかを設定できます。
このようにD5は、デジタル一眼レフカメラとして究極の性能と言っても良いほどに、高度なレベルに到達しています。

ニコンだからこそ買いたい。

このD5は、一眼レフカメラですから、膨大な種類となるニッコールレンズを交換レンズとして活用できますので、その表現領域は広大なものとなります。 ユーザーが保有する旧式のレンズ資産をも最大限に活用できるようにするのが、ニコンの企業方針ですから、ユーザーは、時代が変わってもニコンから裏切られることはありませんでした。

この企業姿勢は、恐らく今後も変わらないでしょうから、今後も裏切られることはないだろうと思われます。 レンズ交換式カメラの場合、単にカメラを買うだけのことではなく、レンズ交換システムや企業姿勢をも納得して買うことをも意味します。 D5は、その意味でも安心できる要素を持っている、と言えるのではないでしょうか。

ニコン D5の買取依頼は
カメラ高く売れるドットコムへ。

カメラ高く売れるドットコムでは、ニコンのコンパクトデジカメやレンズ・ミラーレス一眼カメラを高価買取中です。撮影機器の買取価格を調べるならカメラ高く売れるドットコムの買取サービスをお試しください。

0120-945-991 買取価格を調べる

DXフォーマット史上最強モデル一眼レフカメラ ニコン D500のレビュー

カメラ買取専門店が運営するカメラレビュー

ジャンル一眼レフカメラ
メーカーニコン
商  品D500
発 売 日2016年4月

タイプ 一眼レフ レンズマウント ニコンFマウント
画素数 2151万画素(総画素)
2088万画素(有効画素)
撮像素子 APS-C
23.5mm×15.7mm
CMOS
ローパスフィルターレス 撮影感度 標準:ISO100~51200
拡張:ISO50相当、1640000相当
記録フォーマット JPEG/RAW/TIFF 連写撮影 10 コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 液晶モニター 3.2インチ
236万ドット
ファインダー形式 ペンタプリズム ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
ファインダー倍率 1
動画記録画素数 4K(3840x2160) フレームレート 29.97 fps
幅x高さx奥行き 147x115x81 mm 重量 760 g

0120-945-991 買取価格を調べる

ニコンD500は、一眼レフデジタルカメラの高級機でありながら比較的求め安い価格帯にあって、ニコン一眼レフデジタルカメラのフラグシップ機であるD5の性能に肉迫するものがあります。

フラグシップ機に近い精細さと俊敏なフォーカス性能。

有効画素数は、2,088万画素であり、充分過ぎるほどの精細さです。動画撮影の時には、4K UHDにも対応します。
ニコンD500の目立った長所の一つは、そのオートファーカス機能の精密さと充実にあります。ニコン一眼レフデジタルカメラの最高機種であるD5に用いられた「マルチCUM 20Kオートフォーカスモジュール」を、D500にも採用しています。

そのため、画面周辺部の被写体をも漏らさず捉え、コントラストの低い被写体をも正確に捉え、素早く動く被写体をも敏捷に捉えます。
ピント合わせの難しい被写体もオートフォカスで確実に捉えますので、撮影者は、被写体を追うことに専念できます。

オート機能があなたのフォトライフを手助け。

写真は結果が全てですので、カメラ任せにできる部分は、全てカメラのオート機能に任せてしまうのが賢明だと思われます。
ニコンD500は、一眼レフ方式のカメラですから、レンズ交換は当然可能で、レンズマウントは、「Fマウント、AFカップリング、AF接点付き」の仕様です。
これによって、一部に利用できないものがあるものの、ニコンの膨大な交換レンズ群が利用できます。

動く被写体の一瞬を逃さない。

D500が装備するシャッタースピードは、高速側の8,000分の1秒から低速側の30秒まであり、フラッシュ同調は250分の1秒です。
これによって、高速で移動する被写体も、確実に捕捉できます。一眼レフデジタルカメラとしては、このニコンD500に特に不足するものはないと思われます。

持ち手を選ばず、どこへ行くにもこれ一台。

多彩な機能と信頼できる性能とが、不足なしに備わっています。あとは、ユーザーの腕次第であり、行動次第だと言えましょう。
野に山に、川に海に、あるいは田舎の町並みの中に都会の雑踏の中に、さらには見知らぬ外国のどこかにも、果敢に踏み込んでいくだけです。

ニコン D500の買取依頼は
カメラ高く売れるドットコムへ。

カメラ高く売れるドットコムでは、ニコンのコンパクトデジカメやレンズ・ミラーレス一眼カメラを高価買取中です。撮影機器の買取価格を調べるならカメラ高く売れるドットコムの買取サービスをお試しください。

0120-945-991 買取価格を調べる

現代の二眼レフカメラ ローライフレックス 2.8FXのレビュー

カメラ買取専門店が運営するカメラレビュー

ジャンル二眼レフカメラ
メーカーローライ
商  品ローライフレックス 2.8FX
発 売 日2010年5月

フィルム感度 25~6400 最短撮影距離(マクロ) 100cm
焦点距離 80 開放絞り値 2.8
画面サイズ 6x6 シャッタースピード 1/500~1
幅×高さ×奥行 109x147x108 mm 重量(本体) 1275g

0120-945-991 買取価格を調べる

ローライフレックス 2.8FXは、ブローニーフィルム120タイプを使う6×6判二眼レフカメラで、12枚撮りになります。

伝統の中に最新の技術を。

TTL測光機能を搭載しており、TTLオートフラッシュにも対応しています。使用レンズは、Sアポゴン80mm F2.8 HFTです。
以前はプラナーでしたが、その後アポゴンに変更されました。

これぞ二眼レフの魅力。

シャッター機構は、コパルシャッターで、1秒から500分の1およびBに対応し、全速がフラッシュ対応です。フォーカルプレーンシャッターでなく、レンズシャッターのため、全速フラッシュ対応が可能になっています。
また、レンズシャッターは、花火のような高速で移動する点光源を撮影する場合、美しく滑らかに表現してくれます。このような点も、ローライフレックス 2.8FXの見逃せない長所です。
ローライフレックス 2.8FXは、二眼レフですから、二眼レフ特有のビューファインダー機構となります。

じっくりフレーミングをしたい、そんなあなたにおすすめ。

フォーカシングスクリーンでピント合わせをしながらウエストレベルでの撮影が基本ですが、ピント合わせが目測での素通しのフレームファインダーによるアイレベル撮影も可能です。 ウエストレベル撮影の場合、パララックス自動補正機構を内蔵しているため、二眼レフですがフレーミングは正確にできます。

また、フォーカシングスクリーンは、別のタイプと交換可能です。全体の重量は、約1.3kgです。以上紹介しましたように、ローライフレックス 2.8FXは、古典的とも言える構造であり仕様ですが、それだけにフィルムを使う二眼レフカメラとしては、完成された究極の形と言えます。このローライフレックス 2.8FXは、激しく動く動体を追う撮影には適しませんが、ポートレートや風景を撮影する場合など、ゆったりとした気分でウエストレベルでのフレーミングを思案しながら撮影する場合に威力を発揮します。 フォーカシングスクリーン上に映るピント像は、左右が逆転していますが、絵としての出来栄えを構想するにはむしろ好都合で、フレーミングが冷静にできる効果をもたらします。

ローライフレックス 2.8FXの買取依頼は
カメラ高く売れるドットコムへ。

カメラ高く売れるドットコムでは、ローライの一眼、二眼レフカメラを高価買取中です。撮影機器の買取価格を調べるならカメラ高く売れるドットコムの買取サービスをお試しください。

0120-945-991 買取価格を調べる

全国どこからでも使える「カメラに特化した買取サービス」です。

カメラ高く売れるドットコムは宅配・出張・店頭の3つの買取方法により日本全国から一眼レフ、レンズ、三脚といったカメラ機器の買取を行っています。
販売店舗は持たず買取専門のため、無駄なコストをかけることなくその分適正価格での買取を実施し、 おかげさまで約10年間でサービス利用者は100万人を超え、実績・安心感共に多くのお客様にご満足頂いております。

お申し込みはウェブフォームまたはお電話から無料でご利用いただくことが可能で、売却検討中のカメラ情報をお伝え頂ければ目安の買取相場を事前査定としてご提示。 その金額によりサービス利用のご判断を頂けるため、非常に安心です。

カメラ機器であれば最新機種からフィルムカメラなどアンティークなものまで幅広く買取を行っており知識を持った専門スタッフが査定を担当いたします。
当サービスのカメラ買取品目一覧はこちらからご確認いただけます。

カメラ買取品目をチェックする

F1.2、明るく撮るならこのレンズ「AI Nikkor 50mm f/1.2S」の商品紹介ページ。...

続きを読む



少数精鋭の職人によって作られたニコンのフィルムカメラFM3Aのご紹介。...

続きを読む



ニコンの最新・最強フラグシップモデル。ニコン D5をご紹介とレビュー。...

続きを読む



最高性能と進化した機動力を融合したDX最強モデル。ニコン D500をご紹介とレビュー。...

続きを読む



ローライフレックス 2.8FX
ローライフレックス 2.8FX
現代の二眼レフカメラ ローライフレックス 2.8F...
伝統から誕生した現代の二眼レフカメラ。ローライフレックス 2.8FXをご紹介とレビュー。...

続きを読む